Skip to content

香料ってほんとうにやばいって知ってるのかな

最近の柔軟剤というのはかなり香りの強いものが多いですよね。

そりゃあ、汗臭いよりかは柔軟剤の芳香のほうがマシですが、それにしても匂いが強いのが気になってしょうがないです。

そもそも柔軟剤は食品ではないので香料を自由に使用していいものです。ところが香料というのは人工的に組み合わさった化学物質で、数千種類とも言われています。

しかもその毒性については十分にかくにんされているとはいえず、かなり怖い存在です。化粧品とかでも香料不使用とか書いていますよね。それはやっぱり香料には毒性があるものがあるからということなんです。

で、柔軟剤の話にもどりますが、柔軟剤はわざと香料の成分が選択しても衣服に残るように作られています。そして、洗濯・乾燥後でも香りがするというわけです。

香りがするというのは、鼻孔に直接香料の成分が揮発して粘膜について神経に届いて感じるということなので、体内に入っているといえます。

だからいい香りだからといって嗅いでいると、それは香料という化学物質を体内に取り込み続けているということで危険性が懸念されます。

それを知らずに例えばベビー服とかも柔軟剤で洗っちゃうと、柔軟剤の香りを赤ちゃんが吸うことになりますよね。

それはやっぱりあんまり赤ちゃんにとっては良くないことなので、柔軟剤でも香料不使用のものを使用するほうがいいと思っています。

いい香りがしたほうが気持ちがいいのはわかりますが、見えない香料によって体に異変が起こるとも限らないので気をつけていきたいところですね。

クリーニングに洋服を出しても香りは無いですよね。無臭で帰ってくるか、ちょっと独特の匂いがするかです。

ドライクリーニングの場合はちょっと専用の洗剤に匂いがあるので、しょうがないですが、それは干しておくと取れるものです。

柔軟剤の香りはなかなか取れないので、そういう取れない香りって逆に不自然ということに気づかないといけませんよ。

宅配クリーニングを使った感想

Comments are Closed on this Post